長野正作が思うこと!

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012NHK巻頭言特集〜「震災後の日本と世界への目」考えさせられました

<<   作成日時 : 2012/01/03 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

新たな年はどうなるのでしょうか。当代きっての日本研究者―日本近現代史・日米関係史研究/ジョン・ダワー氏(米)・日本戦後史・アジア史/ガバン・マコーマック氏(豪)―旧友でもある2人がボストンで緊急再会。日本と世界は今どこにいるのか、我々はどこへ向かうべきなのか、徹底対論します。
 2011年は、3・11東北大震災と原発禍、9・11同時多発テロから10年、ソビエト連邦崩壊から20年という節目となりました。日本の基盤を揺るがす災害事故や世界の枠組みが激変してゆく中で2012年が幕を開けます。この劇的な年の始まりに当たり、ふたりは「日本と世界の未来を考える上で今最も重要な場所」をそれぞれ選び訪問。ダワー氏によるニューヨークグラウンドゼロと格差社会反対デモが続くウォール街でのリポート、マコーマック氏による米アジア安全保障戦略の最前線となったオーストラリアと沖縄への取材にも密着し、日本と世界の未来に向けてグローバルスケールのメッセージを伝えていきます。

ジョン・ダワー(米):著作『敗北を抱きしめて』で、敗戦直後の日本の社会構造とメンタリティーを描きだし、ピューリッツァー賞を受賞。
ガバン・マコーマック(豪):日本と東アジア研究の第一人者として世界の主要メディアで、「フクシマ」以降の日本の問題を論評し続けています。
1月2日NHK2012巻頭言特集〜「震災後日本と世界の目」両先生
の対談・メッセージを見て日本人の智慧と勇気で2012年の日本・
東北地方が如何に変貌していくのか期待したいと思いました。
特に沖縄へのメッセージ、草の根民主主義の社会のモデルに
なる。日本には貢献できることが沢山あるなど数々の助言
素晴らしい番組でした!
私なりに考える年にしたいです。






.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012NHK巻頭言特集〜「震災後の日本と世界への目」考えさせられました 長野正作が思うこと!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる